人として大切にしたいこと

2018/12/03

 

私は「一般社団法人 日本親子コーチング協会」の

認定コーチを2018年秋に取得しました。

 

認定コーチになるための課題の一つに

「コーチとして私が大切にすること・その理由」という

レポート提出が必要となります。

 

これ、考えてみるとなかなか腹落ちする文章がかけず、

何度も何度も書き直しました。

 

そして、やっと納得のいくものができたと同時に

自分の「軸」が明確になった瞬間でもありました。

 

それまで「私が本当にしたいことはなんだろう」

「私だからこそできる事は何?」と自分迷子になっていたのです。

 

この自分軸を言語化することで、

これまでなんとなく感じていた想いが明確になり、

コーチとしてだけでなく、自分の人生全体のゆるぎない柱となり、

あらゆる事がスムーズになったのでした。

 

私と同じように悩んでいる方は、ぜひ「人として大切にすること」を考えてみてほしいです。

それが、その人にとっての「愛の形」「コアな想い」「行動の源」「エネルギー源」につながっていくのだと思います。

 

下記は、協会へ提出したレポートそのままの内容を掲載させていただきます。

 

上の写真にある”ピットインカード体験会”を初めて受講した時のブログ記事はコチラ

 

 

 

 

 

 

▽ 2018年9月21日 金曜日

「コーチとして私が大切にすること・その理由」

 

コーチとして、デザイナーとして、友人として、母として、全てに共通するのですが、

私が大切にすることは「愛を持って、そこにいる」ということです。

 

 

「愛を持つ」というのは、私の中では「相手を信頼すること」だと思っています。

私は人と関わりあう時に、深く付き合いたい、仲良くなりたい、そう思うことが多いです。

あまり広くなくてよく、大切な人が徐々に徐々に増えていくイメージです。

 

ではどうすれば深く付き合えるのかと考えた時、「相手を信頼すること」だなぁと感じます。

子どもに対してもそうですが、相手を信じて待ってみる。相手の思いや考えがじゅうぶんになるまで待ってみる。

助けを求められたら、歩みよる。信頼しているよ、という態度が相手に伝われば、

おのずと相手も信頼してくれると実感しています。

 

 

「そこにいる」というのは、私の中では「依存しない関係」だと思っています。

言葉にするのが難しいのですが、デザイナーとしてお客様と接する時、私は「立ち寄り地点」のようなイメージがあります。

例えば「名刺を作りたい」など、その時々、必要となった時に立ち寄ってもらえる場所です。

お客様の中には、デザイン以外のことも何でもデザイナーに相談される方もいらっしゃいますが、

それは依存していることになるのだと思うのです。

 

必要な時に、必要なだけ、私のところに来て、元気になって一歩踏み出すことができる。

普段の活動はsnsなどで応援し、たまにお茶して楽しい会話を楽しむ。そんな関係性が理想です。

だから、必要以上に関わりすぎないことも大切だと感じています。

そしてそれは、母親としても、コーチとしても一緒だなぁと考えています。

 

 

 

私は何者でもなく、ただの立ち寄り地点の点。

みんな、上下優劣のない、それぞれに特色をもった、点。

その点を渡り歩いたり、つないだり、くっついたり、新しい点が生まれたり。

その点と点をつなぐエネルギーが「愛(信頼すること)だなぁ」と思うのです。

 

「愛を持って、そこにいる」というのは

「相手を信頼して、依存しない関係性でいる」ことです。

 

そして「感謝する気持ち」が生まれてくるのではないか、

「感謝する気持ち」があれば「それだけで幸せ」なんじゃないかなぁと思います。

 

みんなが幸せに、感謝して、人と人のつながりに愛をもって生きる。

このレポートは何度も何度も書き直しましたが、コーチとして大切にすることは、

私の人生目標となりました。とても良い、考える機会をくださって、ありがとうございます。

 

 

 

前川 ユウ

Share on Facebook
Please reload

Please reload

  • Twitter - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
  • Facebook - Black Circle
  • Pinterest - Black Circle
静岡県静岡市清水区  |  お問い合わせ